PR
NinjaPDF (Spring’08) for AppExchange
NinjaPDF (Spring’08) for AppExchange
[画像のクリックで拡大表示]

 スカイコムは,米Salesforce.comユーザー向けのオンラインPDF変換サービスの新版「NinjaPDF (Spring’08) for AppExchange」を,2008年2月14日に提供開始した。ユーザー・インタフェースを新たに日本語化したほか,HTML画面のPDF化などが可能になった。価格は,1ユーザーあたり月額500円など。Salesforce.comのアプリケーション共有サービス「AppExchange」経由で購入する。

 NinjaPDF for AppExchangeは,Microsoftのオフィス文書をPDF文書に変換するソフト「SkyPDF」(同社が開発)の機能を,米Salesforce.comのオンライン・サービス経由で提供する。利用者は,Webブラウザで文書ファイルを指定してアップロードし,サーバー側でPDFに変換する。前提として,Salesforce.comのCRM(顧客関係管理)サービスを利用している必要がある。

 新版では,従来の英語版インタフェースに日本語版を追加したほか,URLで指定したHTMLページのPDF文書化を可能にした。さらに,Salesforce.comのCRMサービスとの連携機能を強化し,同サービスの「リード」「取引先」「取引先責任者」「商談」という4つの機能にPDF変換ボタンを組み込めるようにした。

 なおスカイコムは,NinjaPDF for AppExchangeおよびSkyPDFの特徴として「(米Adobe Systemsの製品よりも)PDF変換が高速なこと」を挙げている。