PR
写真1●Webフィルタリング・サービス「InterSafe CATS」の動作イメージ
写真1●Webフィルタリング・サービス「InterSafe CATS」の動作イメージ
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●上司やその上長を含めた承認をもってフィルタリング・ルールを変更する「規制解除申請」機能
写真2●上司やその上長を含めた承認をもってフィルタリング・ルールを変更する「規制解除申請」機能
[画像のクリックで拡大表示]

 アルプス システムインテグレーション(ALSI)は2008年2月19日,アクセス可能なサイトを制限するWebフィルタリング・ソフト「InterSafe」の新版を発表した。パッケージ版の「InterSafe 6.0」に加えて,管理サーバーなどをASP提供する「InterSafe CATS」を用意。モバイル利用の多い企業や中小事業者の導入を見込む。価格は5ユーザーで年額3万1500円から。3月19日に販売を始める。

 InterSafe CATSは,フィルタリング・ルールを格納する管理サーバーと,「オンラインゲーム」や「オカルト」など86カテゴリとURLを対応付けたデータベースをALSIが用意するWebフィルタリング・サービス(写真1)。サーバーの運用負担が軽減されるほか,社内外で共通のフィルタリング・ルールが適用できる。

 機能面では,パッケージ版と同様のURLフィルタリングに加えて,P2Pソフトやインスタント・メッセンジャーなどのアプリケーション起動を禁止する機能を追加した。「ウイルス対策ソフトなどと競合しない,手軽な情報漏えい対策」(セキュリティソリューション部の杉本浩信部長)を指向したものだ。

 対応ブラウザはInternet Explorer,Firefox,Opera。Internet Explorer利用時は,専用クライアントのActive Xによる自動インストールが可能である。

パッケージ版は業務フローに対応

 パッケージ版のInterSafe 6.0は,内部統制用途向けに管理面を中心に強化した。例えば,エンドユーザーが業務上必要なサイトをアクセス制限リストから外してもらうワークフローを想定。上司やその上長を含めた承認をもってルールを変更する「規制解除申請」機能を盛り込んだ(写真2)。

 このほか添付ファイル規制,これまでドメイン単位でしか規制できなかったHTTPS接続のサイトのURL単位での規制,任意のキーワードによる規制,ログの全文検索機能などを追加した。

 価格は25ユーザーで年額20万7900円から。

 なおInterSafeシリーズのフィルタリング用データベースは,同社とトレンドマイクロが共同出資して2001年に設立したネットスターが提供する。ネットスターはISPや携帯電話/PHS事業者,ネットワーク機器ベンダーなどのWebフィルタリング・サービスに広く採用されているフィルタリング企業の国内最大手。40人の専任スタッフが原則として目視でサイトを分類しているという。

[発表資料]