PR

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は2008年2月20日、開発・テスト環境を顧客企業に導入するための、システム・インテグレーション(SI)サービスの販売を開始した。名称は「HP Shared Service Utilityサービス(SSUサービス)」。仮想化技術を駆使しているのが特徴だ。サービス事業統括の石積尚幸副社長は「当社自身がシステム・インテグレータとして作業を進める際に、効率化するために開発環境を仮想化した。そのノウハウをパッケージ・ソリューションとして提供する」と説明する。

 SSUサービスではまず、ハードやOS、ミドルウエアなどを顧客企業に導入。それらを仮想化することで「リソース・プール」を構築する。そのために「仮想化ソフトウェア」や、リソース・プールを管理するための「運用ポータル」も導入する。

 リソース・プールの使い方は以下の通り。まず、開発時にリソース・プールから必要なハード資源などを開発プロジェクト・チームに割り当てる。このとき、使用するOSの種類やCPU数、ディスクの容量などを指定できる。開発作業が終わればアプリケーションを本番環境に移した後、ハード資源などをリソース・プールに戻す。これにより、システムごとに開発環境を保持しておく必要がなくなる。万一本番環境でバグが見つかっても、開発環境の資源構成を再現できる。

 日本HPはSSUサービスを、複数の開発プロジェクトを常時進めている企業に売り込む。「システム・インテグレータや金融・通信業などが当面のターゲット」とコンサルティング・インテグレーション統括本部の内田恵ソリューション戦略本部第2部部長は話す。リソース・プールを1から構築することが前提で、顧客企業の既存ハード資産を流用して構築したい場合は個別相談になる。

 料金は標準的なシステム構成で6000万円程度。「ソリューション・パッケージとして作業内容を定型化しているので、従来の3分の1以下の料金になる」(内田部長)という。ハード費用抜きで数百万円からの“お試し版”も用意する。販売目標は08年中に20件。