PR
emetersのメーター本体。自転車のハンドルに取り付けて走行データを確認する
emetersのメーター本体。自転車のハンドルに取り付けて走行データを確認する
[画像のクリックで拡大表示]
emetersで取得したデータは購入者専用のSNSにアップが可能。健康管理やユーザー同士の交流が図れる
emetersで取得したデータは購入者専用のSNSにアップが可能。健康管理やユーザー同士の交流が図れる
[画像のクリックで拡大表示]
マグネットを車輪のスポークに、センサーをフレームに取り付けておく
マグネットを車輪のスポークに、センサーをフレームに取り付けておく
[画像のクリックで拡大表示]
センサーが回転するマグネットを検知して走行距離などを測定する
センサーが回転するマグネットを検知して走行距離などを測定する
[画像のクリックで拡大表示]

 ブリヂストンサイクルは2008年2月26日、自転車に装着して走行距離やスピード、消費カロリーを計測表示するサイクルメーター「emeters(イーメーターズ)」を3月15日に発売すると発表した。標準小売価格は8400円。同時にemeters購入者を対象としたSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)「emeters WEB サイト」も開設する。走行データを同サイトに転送することで、健康管理や参加者同士の交流が図れるようになる。

 emetersはメーター本体とマグネット、専用センサーで構成される。メーターは自転車のハンドルに、マグネットは車輪のスポークに、センサーは車輪を固定するフレームにそれぞれ取り付ける。車輪と一緒に回転するマグネットをセンサーが検知することで走行距離などを算出し、メーターに伝達する仕組みだ。走行中はメーター上に距離や時間、消費カロリーなどが表示され、走行による鍛練成果が即座に実感できる。走行データの計測方法として、ペダルを踏むと同時に自動計測する「基本モード」と、手動で計測する「タイムトライアルモード」の2種類がある。

 メーターは着脱が可能。付属のクレードルを利用してパソコンに接続すれば、走行データを同社のemeters WEB サイトに転送できる。するとWebページ上で走行データが日単位または月単位でグラフ表示される。ユーザー自身で体重や体脂肪率のデータを入力することも可能で、走行データと照合すれば健康管理が容易になる。また、参加者同士でコミュニケーションを図れる場も用意。例えば、共同でダイエット計画を実施したり、走行距離を競い合うなど、走行データを介した交流の場を提供する。

 なお、同社ではemetersを標準装備した自転車も発売する。ラインアップは、車輪サイズが27インチの男性向けモデル「MARiPOSA hom」(標準小売価格は5万1800~6万3800円)、26インチの女性向けモデル「同curva」(同5万800~6万2800円)、20インチの小型モデル「同mini」(同5万3800~6万5800円)の3モデルとなる。