PR

 日本ベリサイン、シックス・アパート、野村総合研究所(NRI)の3社は2008年2月28日、シングルサインオン(SSO)技術「OpenID」の推進団体「OpenIDファウンデーション・ジャパン」(仮称)の設立に向けた活動を開始した。米国に拠点を置く団体「OpenID Foundation」(関連記事)の日本支部として、2008年4月の設立を目指す。

 新団体はOpenID Foundationと連携し、国内でOpenID技術の普及推進に取り組む。現時点で、アセントネットワークス、イーコンテクスト、インフォテリア、テクノラティジャパン、ニフティ、ミクシィ、ヤフー、ライブドアが参加を表明した。ヤフーは「OpenID」発行サービスのベータ運用を既に開始している(関連記事)。

 また、インフォテリアとインフォテリア・オンラインは同日、ソーシャルカレンダーサービス「c2talk」(関連記事)やオンライン表計算サービス「OnSheet」(関連記事)のほか今後提供する新規サービスを、2008年春より順次OpernIDに対応させていくと発表した。

 OpenIDは、複数のWebサイトを1つのユーザーIDで利用可能にするための技術。OpenID対応IDを取得することで、ほかの対応サイト上で新規ユーザー登録することなく同じIDでログインできるため、IDを複数使い分ける必要がなくなる。

 OpenID FoundationがOpenIDの技術開発/普及促進活動を展開している。米国では1万サイト以上がOpenIDに対応しており、対応ID数は2億5000万件以上。

■関連情報
日本ベリサインのWebサイト
シックス・アパートのWebサイト
野村総合研究所のWebサイト
インフォテリアのWebサイト
インフォテリア・オンラインのWebサイト