PR
Windows Vista Ultimate SP1 Σ版のパッケージ。
Windows Vista Ultimate SP1 Σ版のパッケージ。
[画像のクリックで拡大表示]
ツクモ缶には、抽選で「iPod touch」や「Eee PC」といった話題の商品が当たるクジが入っている。
ツクモ缶には、抽選で「iPod touch」や「Eee PC」といった話題の商品が当たるクジが入っている。
[画像のクリックで拡大表示]

 東京・秋葉原の主要PCパーツショップによると、2008年3月15日より、Service Pack 1(SP1)が適用されたWindows VistaのDSP(デリバリー・サービス・パートナー)版を発売する。価格はSP1適用前と変わらない見込みで、FDDとセットの実勢予想価格は以下の通り。

Ultimate DSP版(32ビット・64ビット):2万4980円
Business DSP版(32ビット・64ビット):1万9980円
Home Premium DSP版(32ビット・64ビット):1万5980円
Home Basic DSP版(32ビット・64ビット):1万2980円

 DSP版とは、PCパーツに付属する形で販売されるWindows。単体販売はしないものの、実質的な価格はパッケージ版より割安。ただし、別のPCへ転用するには同時に購入したパーツとセットでなければならない。また、DSP版はマイクロソフトからはサポートサービスが提供されず、販売店がサポート窓口となる。

 SP1 DSP版の発売に合わせて「Windows Vista Ultimate SP1 Σ版」が登場する。UltimateのDSP版を対象にした特別セット。専用のパッケージが用意されており、解説書の「Windows Vista SP1 速効!マスターガイド」や特製シールなどが付属する。FDDとセットでの実勢予想価格は2万5980円。

 また、九十九電機は300個限定で「Windows Vista Ultimate SP1 Σ版 【ツクモ缶】」を発売する。Vista Ultimate SP1 Σに加えて、ノートパソコン向けのワイヤレスマウス「Microsoft Wireless Notebook Optical Mouse 4000」や「チョロQ」、景品が当たるクジなどをセットにした。FDDとセットで実勢予想価格は2万7980円。いずれも予約開始は2008年2月29日より。