PR
スライド式のキーボードを搭載。ペン入力もできる
スライド式のキーボードを搭載。ペン入力もできる
[画像のクリックで拡大表示]
別売のドッキング・ステーションもある
別売のドッキング・ステーションもある
[画像のクリックで拡大表示]

 九十九電機は2008年3月4日、台湾ギガバイト・テクノロジーのUMPC「M704」を発売すると発表した。7型横長液晶(1024×600ドット)を搭載して、重量は780g。OSはWindows XP Home Edition。価格は7万9800円。同社の各店舗やネットショップで3月12日から販売開始する。

 スライド式のキーボードを内蔵しており、両手で本体をつかみ、親指で文字を入力する。画面はタッチスクリーンで、ペン入力もできる。CPUはVIA C7-M 1.2GHz、メモリー容量は768MB、ハードディスクは60GB。無線LAN機能(11g)のほかBluetooth機能も搭載する。本体サイズは幅190×奥行き120.8×高さ30.3mm。バッテリー駆動時間は約4時間。

 有線LANやIEEE1394端子を搭載したドッキング・ステーションも別売で用意した。ドッキング・ステーションの価格は9800円。