PR
Borland StarTeam
Borland StarTeam
[画像のクリックで拡大表示]

 開発ツール・ベンダーのボーランドは,バージョン管理/ソフトウエア構成管理ツールの新版「Borland StarTeam 2008日本語版」を,2008年3月5日に出荷した。ソースコードを記述する工程におけるチーム作業を支援する。価格は,1指名ユーザーで15万7500円,1同時ユーザーで47万2500円。

 Borland StarTeamは,リポジトリ・データベースを一元管理するサーバー・ソフトと,個々の開発者が使うクライアント・ソフトで構成する。チェックイン/チェックアウト,ビルド/リリースの固定,開発メンバー間での会議機能などを一通り揃える。主に遠隔アクセス向けの機能として,暗号化通信機能を備えるほか,ネットワークの転送量を抑えるキャッシュ機能を持つのが特徴だ。

 新版では,遠隔アクセス時におけるキャッシュの対象を広げた。ソースコードやドキュメントなどの「ファイル」だけでなく,変更要求の有無や担当者へのタスク割り当て状況といった,Borland StarTeam上で管理している各種の属性情報も,キャッシュの対象とした。これにより,遠隔地からのアクセスを高速化した。ほかに,各ビルド間の差異の比較/把握を容易にするため,同一リリースに含まれる個々のベースライン同士の差分を抽出できるようにした。従来は異なるリリース間での差分しか抽出できなかった。

 稼働OSは以下の通り。サーバー・ソフトの稼働OSは,Windows Server 2003。データベース管理システムとしてSQL Server 2005またはOracle 10gが必要。クライアント・ソフトはJavaで開発されているため,Java実行環境を備えていれば動作する(Java VMのバージョンは1.6.0_02)。同社が動作を確認したOSは,Windows XP Professional,Windows Vista,Red Hat Linux Workstation 4.0/5.0,Solaris 10。

 別途,システム要件の管理支援ソフトの「Borland CaliberRM」などと組み合わせることで,仕様変更の影響がどのソースコードに及ぶかを把握できるようになる。