PR

 米経済専門誌の「Forbes」のオンライン版「Forbes.com」は米国時間2008年3月5日,世界の億万長者番付の2008年版を発表した。それによると,2007年まで13年連続で1位だった米Microsoft会長のBill Gates氏が3位に後退し,米国の投資会社Berkshire Hathawayの会長を務めるWarren Buffett氏が首位を獲得した。

 1位を獲得したBuffett氏の推定資産は620億ドル。Berkshire Hathawayの株価が上昇した影響を受け,前年から100億ドル増えた。3位のGates氏の推定資産は前年から20億ドル増の580億ドルと評価された。Forbesは,Microsoftが2008年2月初旬にYahoo!の買収提案をしていなければ,Gates氏が14年連続で首位を堅持した可能性があったとみている。今回の番付は2月11日時点の株価をもとに推定資産を評価しているが,Microsoftの株価は買収提案を発表する前の1月31日から15%下落しているという。

 2位にはメキシコ通信業界の有力者Carlos Slim Helu氏が入った。Helu氏の推定資産は,前年から110億ドル増の600億ドルと評価された。

 米国のIT業界の関係者では,前年の番付で11位に入った米Oracleの設立者でCEO(最高経営責任者)のLarry Ellison氏が14位に順位を落とした。Microsoft共同設立者のPaul Allen氏も前年の19位から41位に後退した。このほかにも,Googleの設立者のSergey Brin氏(推定資産187億ドル)とLarry Page氏(同186億ドル)が32位と33位に入り,Facebookの設立者兼CEOのMark Zuckerberg氏が最年少で億万長者番付入りを果たした。

発表資料へ