PR

 NTT東日本は2008年3月7日,「Bフレッツ ハイパーファミリータイプ」と「同 マンションタイプ(光配線方式)」で,ユーザー宅に設置する回線終端装置(ONU)の不具合が発覚したと発表した。

 不具合が発覚したのは,2007年12月以降に設置した沖電気工業製の「GE-PON<O>C GE-PON-ONU タイプD<1>2」と「GE-PON<O>C GE-PON-ONU タイプE<1>2」の2機種。東京都,神奈川県,千葉県,埼玉県,茨城県,栃木県,群馬県,山梨県,長野県,新潟県の1都9県で最大1万6247台が利用されているという。ユーザーからの申告があり,2月下旬に判明した。

 不具合の内容は,IPヘッダーのTOS(type of service)フィールドに優先度が設定されたパケットをONUが破棄してしまうというもの。ブロードバンド・ルーターなどでパケットの優先制御を設定している場合に発生し,050番号を利用したIP電話の通信を優先制御する例などが報告されている。7日12時時点で計40件の問い合わせが入っているという。なお,ひかり電話は「ひかり電話対応ルーターで優先制御を設定できないので通話ができなくなることはない」としている。

 NTT東日本はONUのソフトウエアの不具合を修正し,遠隔から更新して対処する予定である。準備が整った段階でホームページなどで公表する。不具合が発生したユーザーに対してはONUの交換も受け付ける。

[発表資料へ]