PR
PS-LX300USB
PS-LX300USB
[画像のクリックで拡大表示]
添付のパソコン用の音楽編集ソフト「Sound Forge Audio Studio LE」
添付のパソコン用の音楽編集ソフト「Sound Forge Audio Studio LE」
[画像のクリックで拡大表示]

 ソニーはステレオレコードプレーヤー「PS-LX300USB」を2008年4月15日に発売する。USB端子を備えており、アナログレコードの楽曲をパソコンに取り込むことが可能。価格は2万8350円。

 一般にレコードの楽曲をパソコンに取り込むには、別途パソコン外付けのUSBオーディオ機器などを用意して、レコードプレーヤーとパソコンを接続する必要があった。同製品ではこうした外付け機器を用意することなく、USBケーブルで直接接続し、楽曲をパソコン側で録音できる。

 このほか、同製品はフォノイコライザーを内蔵しており、フォノイコライザー回路のオン/オフの切り替えも可能。これにより、他のオーディオ機器などにステレオピン端子経由で接続することもできる。

 音楽を取り込むには、添付のパソコン用の音楽編集ソフト「Sound Forge Audio Studio LE」を使う。圧縮形式はMP3形式またはATRAC3形式などから選択でき、非圧縮の高音質の音声で取り込むことも可能。同ソフトはこのほか、楽曲の編集やCD-R/RWへの書き出しといった機能を備える。同ソフトの対応OSはWindows XP/Vista。