PR
写真1●マイクロソフトのSaaS参入支援プログラムに4社が参加。左からKDDIソリューション事業統轄本部の桑原康明戦略企画部長,富士通サービスビジネス本部の有馬啓修プロジェクト統括部長,マイクロソフト通信・メディアインダストリー統括本部本部長の山賀祐二業務執行役員,GMOホスティング&セキュリティの青山満社長,NTTPCコミュニケーションズ サービスサポート本部の細川雅由本部長
写真1●マイクロソフトのSaaS参入支援プログラムに4社が参加。左からKDDIソリューション事業統轄本部の桑原康明戦略企画部長,富士通サービスビジネス本部の有馬啓修プロジェクト統括部長,マイクロソフト通信・メディアインダストリー統括本部本部長の山賀祐二業務執行役員,GMOホスティング&セキュリティの青山満社長,NTTPCコミュニケーションズ サービスサポート本部の細川雅由本部長
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●「マイクロソフト SaaS インキュベーション センター プログラム」の枠組み
写真2●「マイクロソフト SaaS インキュベーション センター プログラム」の枠組み
[画像のクリックで拡大表示]

 マイクロソフトは2008年3月13日,ソフトウエア・ベンダーのSaaS(Software as a Service)参入を支援する「マイクロソフト SaaS インキュベーション センター プログラム」を開始すると発表した。SaaSプラットフォームの事業を手がけるKDDIや富士通といったICT事業者を通じて,Windowsベースのホスティング基盤と検証およびマーケティングなどのノウハウを提供。ICT事業者を支援するとともに,SaaSプラットフォームを利用するソフトウエア・ベンダーに対してSaaSアプリ開発のしきいを下げることで,SaaSとWindowsの普及を狙う。

 同プログラムに参加した事業者は,KDDI,富士通,GMOホスティング&セキュリティ,NTTPCコミュニケーションズの4社(写真1)。いずれも通信サービスやホスティング事業をSaaS基盤として展開中だ。マイクロソフトは商業性や提供手法のコンサルティング,Windows Serverを共用する運用ノウハウの提供,ロゴを活用した合同マーケティングなどを通じて,WindowsベースのSaaSプラットフォームに統一感を出す(写真2)。今後は「同プログラムへの参加を募ることで,ソフトウエア・ベンダーに対して選択肢を増やしていく」(マイクロソフト通信・メディアインダストリー統括本部本部長の山賀祐二業務執行役員)。

 発表会には,同プログラムのパートナー4社が出席。「マイクロソフトとは2007年に提携済みで,それ以降共同作業を進めてきた。同プログラムによるソフトウエア・ベンダー6社のSaaS参入が2008年秋にも実現する」(KDDI),「2008年4月に同プログラムの検証環境を東京・浜松町に用意する」(富士通),「当社の代理店網を生かした販売体制を最大限活用する」(GMOホスティング&セキュリティ),「SQL ServerのSaaS提供で培ったデータベース共有のノウハウを生かす」(NTTPCコミュニケーションズ)と,それぞれの実績や強みを語った。