PR

 ヤフーは2008年3月18日、同社のメールサービス「Yahoo!メール」において、一部のメールに誤ったヘッダー情報が付加される不具合が発生していたと発表した。影響を受けたメールは、推計で5万7069通。他のユーザーのメールアドレスがヘッダー情報に含まれる、といった現象も発生しているという。

 この不具合が発生したのは、「Yahoo! BB」のユーザーが利用するメールアドレス(@ybb.ne.jp)宛てに送られたメールの一部。メール本文は本来の情報のままだが、ヘッダー情報に別のメールのものが追加されていた。具体的にはメールの差出人アドレス(From)、件名、日時などである。

 期間としては、2007年10月31日の14時42分から、2008年2月21日の20時15分まで。この間に送られたメールのうち、7万4125通に1通の割合で不具合が発生したという。なお5万7069通は、誤ったヘッダー情報が付加されたメール全体(18万8969通)から、迷惑メールを除外した数である。ユーザーからは、現時点で12件の苦情や相談が寄せられているという。

 ユーザーには、同サービスのトップページにおいてこの不具合を告知している。不具合が発生した可能性があるユーザーへの個別の連絡は実施していない。「不具合が発生したメールの特定が難しいため」(同社広報)という。なおメールサーバーは既に復旧しており、それ以降は同様の現象は発生していない。