PR

 GDH(本社:東京都新宿区,社長:石川真一郎氏)は2008年3月21日,グループのアニメーション制作会社のゴンゾ(本社:東京都練馬区,社長:藤田純二氏)が制作する新作アニメーション2作品を,インターネットを使って日本国内の放送と同日に海外配信すると発表した。

 配信対象となるのは,2008年4月から国内で放送予定の「ドルアーガの塔~ the Aegis of URUK ~」と「ブラスレイター」の2作品で,国内での放送と同日に「YouTube」と「Crunchyroll」,「BOST TV」の三つの動画配信サイトで配信する。配信方法は無料のストリーミング方式や有料のファイルダウンロード方式など,それぞれのサイトの特性に合わせて実施する(発表資料)。

 日本のアニメ作品は,日本国内の放送直後にファンが独自に字幕をつけた非公式のコンテンツが,ファイル交換ソフトなどを介して海外のアニメファンに流通している現状がある。GDHは,海外のアニメファンに対して日本のアニメファンと同等の視聴機会を提供することで,こうした違法コンテンツの流通を防止したい意向である。また,インターネット配信による流通コストの削減や,2次利用の新しいビジネスモデルをテストする狙いもあるという。