PR
YouTube上に公式チャンネルを開設したデンジャー・クルー・エンタテインメント
YouTube上に公式チャンネルを開設したデンジャー・クルー・エンタテインメント
[画像のクリックで拡大表示]

 グーグルと音楽著作権管理サービスのジャパン・ライツ・クリアランス(JRC)は3月27日、日本国内において動画共有サイト「YouTube」を対象とする音楽著作権の包括利用許諾契約を締結した。契約金額や期間など詳しい取引条件は公表していない。

 これによりユーザーは、JRCの管理下にある「L'Arc~en~Ciel」「BENNIE K」「スピッツ」「浜田省吾」「Mr.Children」「The BOOM」といったミュージシャンの楽曲を演奏し、その映像をYouTubeへ投稿できるようになった。また、各ミュージシャンがプロモーションビデオ(PV)などの映像をYouTubeで配信することも可能となる。

 契約締結にともない、対象ミュージシャンの所属レコード会社、フォーライフミュージックエンタテインメントとデンジャー・クルー・エンタテインメントがYouTube上に公式チャンネルを開設した(フォーライフデンジャー・クルー)。デンジャー・クルーはPV映像をノーカットで配信するほか、ライブ映像なども提供していく予定。

 JRCは録音権などとインタラクティブ配信にかかわる著作権管理を手がける企業で、音楽プロダクションが中心となって2000年に発足した。現在の管理楽曲数は約5000曲。2007年4月―2008年3月期に徴収した著作権使用料は約9億円。

■関連情報
・グーグルのWebサイト http://www.google.co.jp/
・ジャパン・ライツ・クリアランスのWebサイト http://www.japanrights.com/
・フォーライフミュージックエンタテインメントのWebサイト http://www.forlife.co.jp/