PR

 SBIホールディングスの子会社で仮想世界「東京0区」の企画および開発を手がけるSBI Beyondは、3次元の仮想世界「vSide」の開発、運営を行う米Doppelgangerと、プラットフォームの利用に関して基本合意に達したことを3月27日に発表した。

 東京0区は東京の街をモデルにした仮想都市で、東京湾に浮かんでいるという設定。国内外で高い評価を得ているアニメ制作プロダクションSTUDIO4℃がデザインを担当する。

 SBI Beyondは、音楽に特化したvSideの映像の雰囲気が、東京0区のイメージする世界観と類似していることから、vSideの3Dプラットフォームの採用を決定したと説明している。今後、技術に関する詳細を検討し、Doppelgangerとライセンス契約を締結する。

■関連情報
・SBIホールディングスのWebサイト http://www.sbigroup.co.jp/
・DoppelgangerのWebサイト http://www.doppelganger.com