PR

 日立製作所は2008年3月31日,同社のIPTV向けデジタルコンテンツ著作権保護(DRM)システム「Videonet.CAS/DRM」が,NTTぷららが同日開始したテレビ向け映像配信サービス「ひかりTV」に採用されたことを発表した(発表資料)。日立製作所は今回の採用について,Videonet.CAS/DRMが著作権保護手段として「Marlin IPTV-ES」を採用している点,IPv6ネットワークに対応している点などが評価されたとしている。

 「Videonet.CAS/DRM」は,Marlin規格を盛り込み地上デジタル放送のIP再送信およびIPマルチキャスト放送に対応したDRMシステムである。セットトップボックス(STB)などからの要求に対し,1)IPマルチキャスト放送,2)地上デジタル放送のIP再送信,3)VOD(ビデオ・オン・デマンド)コンテンツの配信,4)ダウンロード型の各サービスに対応し,安全な通信路で受信端末に配信できるという。日立では今後もIPTVサービス向けの映像配信システム「Videonetシリーズ」を引き続き提供していく予定だ。