PR
図1●現在のMSNのトップページ
図1●現在のMSNのトップページ
[画像のクリックで拡大表示]
図2●リニューアル後のMSNのトップページ(ベータ版)
図2●リニューアル後のMSNのトップページ(ベータ版)
[画像のクリックで拡大表示]
写真1●マイクロソフト執行役常務オンラインサービス事業部長の笹本裕氏
写真1●マイクロソフト執行役常務オンラインサービス事業部長の笹本裕氏
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●左からマイクロソフトオンラインサービス事業部エグゼクティブプロデューサーのショーン・チュー氏,モデルのマリエ,作詞家・演出家の奈良橋陽子氏,作家の水野敬也氏
写真2●左からマイクロソフトオンラインサービス事業部エグゼクティブプロデューサーのショーン・チュー氏,モデルのマリエ,作詞家・演出家の奈良橋陽子氏,作家の水野敬也氏
[画像のクリックで拡大表示]

 マイクロソフトは2008年3月31日,ポータルサイトMSNのトップページ・リニューアルに関する記者発表会を開催した。サイトのベータ版を同日より公開し,4月14日にリニューアルした正式版を公開する。

 大画面PCの普及を踏まえ,横幅950ピクセルのワイド版と幅780ピクセルのナロー版を用意し,ブラウザ幅の自動検知を使ってユーザーに合わせたサイズを表示する機能を付けた。また,従来は2段組だった画面構成を3段組に変更(図1図2)。ベータ版では,「ニュース」「経済・IT」「スポーツ」「エンターテイメント」などニーズの高い情報を画面中央にタブ形式で掲載する。MSNユーザーにとって関心の高い,金融,株式情報は,画面左のファーストビュー(ウェブページで注目が高いとされる位置)に配置した。

 画面右にはユーザーによるパーソナライズが可能な地域情報や占いなどを提供する。「Windows Live Hotmail」や「Windows Live Messenger」はアイコンを大きくして検索窓の横に付け,見つけやすくしている。また,これまで画面右側に集約していた広告の配置を左右に振り分けることで広告同士の見栄えの干渉を防ぐ。

 発表会の冒頭,マイクロソフト執行役常務オンラインサービス事業部長の笹本裕氏が登壇し,2008年度の戦略コンセプトを「リアルまでリニューアル」と表現した(写真1)。イベントなど現実の世界で行われることをオンライン上で展開する方針だという。同事業部のエグゼクティブプロデューサー,ショーン・チュー氏は「ポータルメディアへの進化」を目指すと説明した(写真2)。

 続いてチュー氏は戦略を踏まえた具体的なキャンペーンの「MSN リニューアル Transformキャンペーン」をプレゼンテーションした。4月3日に開催予定の「2008 Miss Universe Japan」に関する特設サイトの運営や,投稿ビデオにより優秀なアマチュアミュージシャンを選出する「帰ってきた!いかすバンド天国2008(仮題)」のコンテンツを紹介。4月18日開催予定のファッションショー「MSN presents OSAKA IMPORT COLLECTION」のライブ配信に関する説明ではモデルとして出演予定のマリエが登壇してショーへの抱負を語った。

 同キャンペーンの一環として投稿ビデオをユーザーが評価し,最終的に舞台のキャストとして採用する公開オーディション企画「MSN We舞台」の紹介では,採用者が出演する予定の舞台「waiting for the sun ~ 夢をかなえるゾウ~」総合監修の奈良橋陽子氏と原作者の水野敬也氏が登壇し,オーディションへの参加を呼びかけた。