PR
[画像のクリックで拡大表示]

 米Information Buildersは米国時間2008年3月31日に,ビジネス・インテリジェンス(BI)向けマッシュアップ・アプリケーション作成ツール「WebFOCUS for Google Maps」を発表した。ビジネス・データと米Googleの地図サービス「Google Maps」を連携させ,地域の特徴を把握するためのコンポジット・アプリケーションをすばやく構築できる。

 同社のBIプラットフォーム「WebFOCUS」を用いて作成した分析レポートや業務データをGoogle Mapsに重ね合わせることで,企業は地域ごとの傾向や業績などを明確に認識することが可能になる。

 WebFOCUS for Google Mapsは,グラフィカルなユーザー・インタフェースにより,コーディングなどの知識がなくても,Google Mapsを簡単にWebFOCUS上の作業に取り込める。複数のレポートを単一のページに並べて表示するダッシュボード機能,業務予測などに応じて地図表示の色などを設定できるスタイル設定機能,複数の地域を選択して詳細な解析を行うためのツールなどを備える。

[発表資料へ]