PR

 インテルが2008年に投入する製品の目玉は「Atom」である。AtomはMID(モバイル・インターネット・デバイス)と呼ぶ小型機器向けに開発したプロセサ(関連記事1関連記事2)。4月2日から3日にかけて中国・上海で開催中の開発者会議「IDF(Intel Developer Forum)」では、Atomの話題を前面に押し出している。

 インテルによるMIDの説明を総合すると、基本的には「外出先で快適なWebブラウジングを可能にする」ことを狙った機器である。この点では、従来のスマートフォンやPDA(携帯情報端末)と異なる。それでもこれまでのPDAとの相違や、市場性についての疑問はぬぐいきれない。PDAの市場にはこれまで数多くの機種が投入され、盛衰を繰り返してきた。

 モバイル分野の事業を担当するアナンド・チャンドラシーカ上席副社長はこの点について、「コンシューマの世代交代が起きている。MIDの主なユーザー層は、インターネットを使いながら育った若い世代だ」と述べ、PDAとMIDの志向や市場が違うことを強調する。「今後、さまざまな形状、形態の機器が登場し、大きな市場を形成していくだろう」(チャンドラシーカ氏)。