PR

 非営利団体のCreative Commonsは米国時間2008年4月1日,同団体のCEO(最高経営責任者)を務めたLarry Lessig氏が退任し,新しいCEOとして伊藤穣一氏が就任すると発表した。

 同団体の創設者であるLessig氏は,先ごろ米政府の立法府の透明性を高めるための組織「Change Congress」を立ち上げた。同氏は,その活動に注力するためにCreative CommonsのCEOを退くことにしたと説明している。Creative Commonsには役員会の一員としてとどまる。

 伊藤氏は,起業家でベンチャ・キャピタリスト。フリーカルチャーの支持者であり,Creative Commonsの理事長を務めている。今回の人事にともない,同団体の創設メンバーで米デューク大学法学教授のJames Boyle氏が伊藤氏に代わって新しい理事長に就任する。

 Creative Commonsは同日,米Hewlett-Packardの共同創業者であるHewlett氏の一族が設立した財団のWilliam and Flora Hewlett Foundationから400万ドルの支援を受けることを明らかにしている。

[発表資料へ]