PR

 KDDIが提供するauの携帯電話サービスの契約数が2008年3月末時点で3000万件を突破したもようだ。「速報ベースで3000万件の突破を確認した」(広報部)という。auの契約数は2008年2月末時点で2956万2000件。ツーカーの契約数も2月末時点で27万6600件あるが,3月31日に停波している(関連記事)。3月だけで最低43万8000件以上,auの契約数を上乗せした計算になる。

 KDDIの小野寺正社長兼会長は2007年度~2010年度の中期目標「チャレンジ2010」として,「auの契約数を2007年度中に3000万契約,シェア30%の達成を目指す」と宣言していた(関連記事)。まずは契約数に関して目標を達成することに成功した。シェアに関しては,電気通信事業者協会(TCA)が4月7日に発表する各社の契約数を待つことになる。ただ,2月末時点における携帯電話全体の契約数は1億137万6300件。シェア30%の達成は厳しそうだ。