PR
ハイビジョン対応で世界最小・最軽量のDVカメラ「HDR-TG1」
ハイビジョン対応で世界最小・最軽量のDVカメラ「HDR-TG1」
[画像のクリックで拡大表示]

 ソニーは2008年4月3日、ハイビジョン撮影に対応したDVカメラでは世界最小・最軽量となる新ハンディカム「HDR-TG1」を発表した。発売予定は4月20日。実勢価格は約13万円。

 HDR-TG1は1920×1080ドットのインタレース方式のハイビジョン撮影が可能なDVカメラ。軽量化で堅ろう性の高いチタンボディを採用し、記録メディアにメモリースティックDuoを搭載。手のひらに収まる小型ボディを実現した。サイズは幅32×高さ119×奥行き63mm。撮影時の重さは約300g。

 動画のファイル形式はAVCHD規格を採用。最も高画質なハイビジョンモード(FHモード)で撮影した場合、付属する8GBのメモリースティックPRO Duoに約55分の動画を記録できる。光学10倍ズームを備え、ズームに応じて、音量が変わるズームマイクを内蔵する。

 動画撮影時の解像度は143万画素、静止画撮影時は400万画素相当。2.7型の液晶モニター、電子式の手ぶれ補正を備える。ソニーの一眼レフカメラが採用する低ノイズ技術や、顔認識機能を搭載する。