PR
12cm角ファンは5製品。500~1850回転/分を用意する。
12cm角ファンは5製品。500~1850回転/分を用意する。
[画像のクリックで拡大表示]
9cm角ファンは3製品。1700~2650回転/分を用意する。
9cm角ファンは3製品。1700~2650回転/分を用意する。
[画像のクリックで拡大表示]

 サイズは2008年4月下旬、日本サーボ製のケースファン「Gentle Tyhoon」シリーズを発売する。12cm角と9cm角の計8製品でいずれも厚さは25mm。

 製品名の由来であるうずまき形状のフィンが特徴。仕様上の期待寿命は、35℃で10万時間、65℃で5.5~6万時間と長い。静音性に配慮し、一般的なファンに対し-5dB(A)以上の静音化を達した領域が、最大風量の50~100%の範囲に及ぶ。

 日本サーボは全数を手作業で検査・調整している。ファン軸に対するフィンの重心の傾きをなくすため、樹脂と金属粉を混ぜた独自の素材をフィン軸の所定の場所に盛って調整している。

 12cm角ファンは5製品で予想実勢価格は1780円。9cm角ファンは3製品で予想実勢価格は1380円。それぞれの回転数と騒音レベル、風量は以下の通り。

12cm角ファン
500回転/分、5dB(A)、17.7CFM
800回転/分、9dB(A)、28.2CFM
1150回転/分、16dB(A)、37.1CFM
1450回転/分、21dB(A)、45.9CFM
1850回転/分、28dB(A)、58.3CFM

9cm角ファン
1700回転/分、13dB(A)、25.8CFM
2150回転/分、20dB(A)、33.5CFM
2650回転/分、26dB(A)、41.7CFM ※騒音レベルは定格電圧、開放時、吸い込み側正面の測定値を1m騒音に換算したもの。