PR

 米マイクロソフトは2008年4月5日(米国時間),スティーブ・バルマーCEO(最高経営責任者)名の書簡を,米ヤフーの経営陣宛に送付したと発表した。マイクロソフトからの買収提案に応じるよう,ヤフー経営陣に促したもので,今後3週間以内に合意に至らなければ,ヤフー経営陣の交代を求める委任状争奪戦を仕掛けるとしている。

 バルマーCEOは書簡の中で,買収提案前日のヤフー株価に62%のプレミアムを上乗せするという「寛大な提案」(バルマーCEO)をしたにもかかわらず,現在まで2カ月以上も交渉が満足に進展してこなかったことに不満を表明。「両社の経営陣が限られたやり取りをした以外に,合意に向けた意味のある交渉はなかった」(同)。

 買収提案からの2カ月間における経済や株式市場の悪化にも言及。この間にヤフーの検索とページビューが下落したことを示す公的指標があるにもかかわらず,「どんな変更よりも高く付く計画を打ち出した」として,ヤフーが買収提案を受け入れずに自力での経営維持を目指す方針を示したことなどを批判した。

 その上でバルマーCEOは「我々の提案は,ヤフーの株主に公正な価値を提供し,コンテンツ制作者や広告主,消費者にとって選択肢を強化する唯一の方策」であり,ヤフー株主の大部分にとってマイクロソフトの提案は依然として魅力的であると強調。今後3週間で合意に至らなかった場合は,経営陣の候補者名簿を作成して株主に示し,ヤフー経営陣の交代を求める委任状争奪戦を開始せざるを得ないと警告した。