PR

 米Seagate Technologyは米国時間2008年4月7日,企業のサーバーおよびストレージ向けに自己暗号化機能を搭載する3.5インチ型ハードディスク装置(HDD)「Cheetah 15K.6 FDE(Full Disk Encryption)」を発表した。記録した全データを暗号化でき,ハードディスクを転用したり廃棄する際にもデータを保護できるという。

 このハードディスクは,暗号化エンジンをHDDコントローラ内に備えることで暗号化を実行する。OS,アプリケーション,データベースに変更を加える必要はない。

 Cheetah 15K.6 FDEは,記憶容量が147G/300G/450Gバイトの3モデルを用意する。あらゆる動作レベルでHDDの消費電力を動的に最適化する省電力技術「Seagate PowerTrim」を搭載し,インタフェースはSerial Attached SCSI(SAS)またはFibre Channel(FC)を選択できる。平均故障間隔(MTBF)は160万時間で,5年の保証が付く。

 同社のSeagate Recovery Services事業部門は,暗号化機能を搭載しないHDD向けにデータを完全に消去して漏えいを防ぐためのスイート「Data Erasure」も発表している。

 Cheetah 15K.6 FDEのOEM出荷は,2008年第2四半期中に開始される。

発表資料へ