PR

 アユダンテ、アイレップ、クロスリスティングの3社は4月9日、検索キーワードの使用頻度をあらかじめ調査できる新サービスのベータ提供を開始した。検索エンジン最適化(SEO)/検索エンジンマーケティング(SEM)に活用できるという。

 「キーワードハンター」と銘打ったサービスは、オンライン広告やSEO/SEMなどで重要な検索キーワードの使用頻度を、複数のポータルサイトから収集したデータをもとに予測する。SaaS方式のサービスで、パソコンのWebブラウザから使える。過去にさかのぼった調査も行えるため、キーワード人気度の季節変動を調べてピーク需要に合わせたマーケティングを展開する、といったことにも利用できる。

 ベータ版サービスは先着3000アカウント限定。料金は無料で、検索回数が最大10回、検索結果表示件数が最大100件という制限を設けた。正式サービスは5月より提供する予定。6カ月間で3万円の「ベーシックプラン」(検索回数は最大1000回)と、1年で150万円の「プレミアムプラン」(同無制限)を用意する。

 検索キーワードの使用頻度予測に使うデータは、検索連動型広告(リスティング広告)などを手がけるクロスリスティングが提供した。サービス開発/運営はアユダンテ、販売はアイレップが担当する。

■関連情報
・アユダンテのWebサイト http://www.ayudante.jp/
・クロスリスティングのWebサイト http://www.xlisting.co.jp/
・アイレップのWebサイト http://www.irep.co.jp/