PR

 米Intelのベンチャ・キャピタル部門であるIntel Capitalは,中国に2つ目のベンチャ・キャピタル基金「Intel Capital China Technology Fund II」を設立したことを,中国で現地時間4月8日に発表した。無線ブロードバンド,メディア,電気通信,クリーン・テクノロジ(環境保全技術)などに取り組む現地企業に5億ドルの投資を行い,中国におけるテクノロジ市場の拡大を支援する。

 すでに,サードパーティのオンライン・ゲームやLANベースのゲームをホスティングするHoldfast Online Technologyと,テレビ会社向けにビデオ機器や統合サービスを提供するNewauto Video Technologyの2社への投資が確定している。

 Intel Capitalは2005年に2億ドルを投じて,ベンチャ・キャピタル基金「Intel Capital China Technology Fund」を設立し(関連記事:米Intel,中国に2億ドルのベンチャ・キャピタル基金を設立),28を超える企業に投資した。

 なお同部門は,1998年以来,中国や香港で70社以上に投資を行ったという。Intel Capital担当社長のArvind Sodhani氏は,「最初の基金の2倍以上の規模のChina Technology Fund IIを新設することは,中国の経済市場における過去10年間の投資活動を祝うのに理想的」と述べている。

[発表資料へ]