PR

 インターネットイニシアティブ(IIJ)の子会社でネットワーク構築業務などを請け負うネットチャートは、IT機器を産業廃棄物として処分するサービス「IT-Disposal Total service」を2008年4月10日に開始した。同社は産業廃棄物の収集運搬業許可を取得。まずは、東京都と神奈川県の一部地域でサービスを開始する。

 同社のサービスで扱う対象は、パソコンのほか、サーバーなどの大型機や、ルーターなどのネットワーク機器など。パソコンに関しては、資源有効利用促進法でメーカーによる回収が義務付けられている。サーバーやルーターはその対象に含まれていないため、ユーザーが個別に業者を手配する必要がある。新サービスはそのようなニーズをとらえたものである。

 廃棄対象機器のハードディスクは、ユーザーが指定する場所で物理的に破壊してから処分し、情報漏洩を防ぐ。廃棄した機器のシリアル番号や資産管理番号の一覧を付けた廃棄証明明細書も発行するという。さらにオプションで、機器ごとにハードディスクを破壊したようすを撮影した写真の提供も可能だ。