PR
[画像のクリックで拡大表示]

 「当社の次世代データセンターのコンセプトである『データセンター3.0』を、2009年にも実現すべく開発を進めている」。データセンター3.0で米シスコが描くのは、分散するデータセンターの統合。仮想化技術を利用することで、サーバーやストレージだけでなく、ネットワークまでも巨大な一つのシステム・リソースとして活用し、運用管理は自動化する。

 同社は、データセンター3.0の実現に向けたスイッチの新製品「Nexus 5000」を、Cisco Partner Summit 2008で披露している。データセンター・ソリューションのマーケティングを担当するダグラス・ガーレイ シニア・ディレクタ(写真)に、Nexus 5000とデータセンター3.0について聞いた。

■新製品のNexus 5000には、データセンター3.0に必要な機能のうち、仮想化と統合の二つの要素を実装している。具体的には、サーバー用のLANとストレージ用のSANという二つのネットワークを、一つのスイッチで管理できるようにした点である。イーサネット上でファイバ・チャネルを使えるようにする仕様の「Fibre Channel over Ethernet(FCoE)」が利用できるようになる。

■LANとSANといった異なる伝送技術を統合する「ユニファイド・ファブリック」は、Nexus 5000で初めて実装した。このたび、完全に買収した米Nuova Systemsの技術をNexus 5000には組み込んでいる。2008年1月に発表した「Nexus 7000」では、構想段階にとどまっていた。既存のNexus 7000についても、モジュールをアップグレードすれば、Nexus 5000と同様にFCoEを利用できるようになる。

■データセンター3.0を実現するための課題として残っているのは自動化である。最終的にすべてを自動化するにはまだ時間がかかる。それでも来年には具体的な方向性を示すことができるだろう。