PR

 なぜ米Microsoftは,利益の出ない自社のオンライン・サービスと,やはり低迷中でシェアを一気に失いつつある米Yahoo!のオンライン・サービスとを統合しようとし続けるのだろうか。筆者には理解できない。

 ところが,「Microsoftは,Yahoo!のWebメール・クライアントやインスタント・メッセージングと全く別のものに関心がある」という話を聞いた。Microsoftが狙っているのは,Yahoo!の検索エンジンとオンライン広告事業であるという。というのも,両分野は今後数年で飛躍的に拡大すると予想されており,現時点で唯一の大手企業である米Googleがその恩恵を得てしまう立場にあるからだ。これは面白い観点かもしれない。