PR
左は「EVA4400」で、右は「MSA2000シリーズ」
左は「EVA4400」で、右は「MSA2000シリーズ」
[画像のクリックで拡大表示]

 日本ヒューレット・パッカード(HP)は4月14日、中堅・中小企業市場に向けたストレージ拡販策を発表した。具体的には新製品の投入、既存製品の値下げ、新たなパートナー支援制度の導入、の三つの施策を実施する。

 今回投入する新製品は「HP StorageWorks 4400 Enterprise Virtual Array」(EVA4400)と「HP StorageWorks Modular Smart Array 2012fc」(MSA2012fc)、「同2012i」(MSA2012i)の3機種。いずれも4月中に出荷する予定。EVA4400は仮想化機能を実装したEVAシリーズ。最大8台のエンクロージャ、最大96台のハードディスクを接続できる。またユーザーやSIerによるSAN(ストレージ・エリア・ネットワーク)構築の手間を減らすため、初期設定用ツール「EVA SmartStart」をオプションで用意する。価格は標準構成で341万7750円。

 MSA2012fcは、中小企業を対象にしたエントリータイプのストレージ。最大4台のエンクロージャで、ハードディスクを最大48台まで接続できる。サーバーとファイバーチャネルで接続する。MSA2012iは2012fcと同じきょう体を使い、サーバーとの接続インタフェースはiSCSIになる。標準構成の価格は、2012fcが92万4000円、2012iは74万5500円である。

 従来製品で値下げしたのは、SANスイッチやHBA(ホスト・バス・アダプタ)など。例えば「HP StrageWorks SANスイッチ 4/8ベースモデル」は84万円から60万9000円に引き下げた。

 新たなパートナー支援制度としては「HP StorageWorks EVAパートナープログラム」を導入した。アジアパシフィック地域のストレージ関連事業を統括するジム・ワグスタッフ バイスプレジデントは「シェアを急拡大しているブレードサーバービジネスの勢いを、ストレージビジネスにも持ち込む」と、新制度導入の狙いを語る。検証機器の購入や販促活動を支援する「販売支援」、パートナーによるストレージ導入サービスの開発を促す「構築メニュー作成支援」、技術者の養成や新製品の事前トレーニングを行う「トレーニング支援」の3点で、パートナーを後押しする。