PR

 オンライン広告サービスのダブルクリックは4月15日、ASP型メールマーケティングサービス「ClickM@iler.jp(CMjp:クリックメーラー・ドット・ジェーピー)」の提供を開始したと発表した。

 同社製メール・マーケティング・ソフトウエア「ClickM@iler(CM)」と同等の操作性と機能をほぼ継承しつつ、ASPサービス化することで導入コストを抑えたという。メールマガジンの新規登録/変更/削除などが可能なフォーム機能、自社ドメイン名によるメール配信機能、メール効果測定用のレポーティング機能などを備える。1時間に配信できるメールの数は、パソコン向けが80万通、NTTドコモおよびKDDI(au)向けが50万通、ソフトバンクモバイル向けが5万通。

 料金は、初期費用が10万5000円(5ユーザーID)から。月額費用は1回の配信処理で送信可能な最大メール数によって異なり、5000通以下が2万6250円、5001―1万通が5万2500円、1万1―1万5000通が7万8750円、1万5001―2万通が10万5000円。オプションとして、登録フォーム作成代行、SSL設定代行、追加DNS、追加ユーザーID、IP制限といったサービスを用意している。

 少ない負担でメールマーケティングを始めたい企業向けにASP型のCMjpを展開し、2008年度に約200社への提供を目指す。一方、ソフトウエア製品のCMは、配信ボリュームに適したシステムの独自構築を望む企業に提供する。

 なお、CMjp発売にともない、これまで販売していた米DoubleClick製ASP型メール配信管理サービス「DARTmail」の取り扱いをやめる。

■関連情報
・ダブルクリックのWebサイト http://www.doubleclick.ne.jp/