PR
米マイクロソフトのビジネス部門担当プレジデント ジェフ・レイクス氏(左から3番目)、マイクロソフトの樋口泰行社長(左から4番目)とパートナー企業
米マイクロソフトのビジネス部門担当プレジデント ジェフ・レイクス氏(左から3番目)、マイクロソフトの樋口泰行社長(左から4番目)とパートナー企業
[画像のクリックで拡大表示]
同日、NECや日本ヒューレット・パッカードなどはWindows Server 2008のプリインストールモデルを発表した
同日、NECや日本ヒューレット・パッカードなどはWindows Server 2008のプリインストールモデルを発表した
[画像のクリックで拡大表示]
早期導入企業は現時点で15社
早期導入企業は現時点で15社
[画像のクリックで拡大表示]

 マイクロソフトは2008年4月15日、「Windows Server 2008」日本語版の出荷を開始すると発表した。プリインストールしたサーバー機は同日から順次、パッケージ製品は2008年4月16日から発売が始まる。

 パートナー企業が発売するWindows Server 2008機は、13社から110機種以上。対応アプリケーションは360以上、システム構築サービスは38社が順次提供する。製品出荷前から実施していたWindows Server 2008の「マイクロソフト認定テクノロジースペシャリスト」の認定数は700名を超えたという。

 マイクロソフトの樋口泰行社長は「今回は単なる製品のローンチではない。ハード、ソフト、システム構築サービスのすべてを準備できた初めての完全ローンチだ」と述べた。

 東北電力や栗山米菓、日産自動車など計15社がWindows Server 2008を早期に導入。企業によっては仮想化ソフトの「Hyper-V」やネットワークアクセス保護なども利用しており、すでに多くのフィードバックもきているという。

 これまで、マイクロソフトはWindows Server 2008とWindows Vista Service Pack 1を連携させることのメリットをうたってきたが「この2製品の導入は加速しており、待ち行列ができていると聞いている」(樋口社長)とVista導入の加速にも期待を寄せた。