PR
写真●F5ネットワークスジャパンが4月16日に販売した「VIPRION」
写真●F5ネットワークスジャパンが4月16日に販売した「VIPRION」
[画像のクリックで拡大表示]

 F5ネットワークスジャパンは2008年4月16日,巨大Webサイト向けのアプリケーション・スイッチ「VIPRION」を同日から日本で販売すると発表した(写真)。米国で2008年1月23日に既に発表済みの製品である。最大で36Gビット/秒のスループット,毎秒100万のHTTPコネクションが処理可能。

 VIPRIONは,F5ネットワークスとしては,初のシャーシ型のきょう体を採用。最大4枚のブレードを搭載できる。ブレードの枚数に応じてほぼ線形的にパフォーマンスを向上させることが可能。そのため,「導入時にシャーシとブレード1枚の構成を購入し,Webサイトの成長に従って,ブレードの枚数を増やしていく」(米F5ネットワークスのネイサン・メイヤー プロダクトマネージャ)という方法が採れる。ブレードを追加した場合,設定を変更することなくパフォーマンスが自動で向上する仕組みになっている。
 
 パフォーマンスを線形的に向上させられるのは,同社独自のマルチコアによる分散処理の仕組みを持つことによる。「Disaggregator」という専用のASIC(特定用途IC)で一度コネクションを終端し,各CPUに処理を均等に割る振るもの。ブレード1枚には4個のCPUコアを持ち,4枚のブレードを集めると計16個のCPUコアを持つ形になる。ブレードが追加されると,追加されたCPUコアに対してもタスク投入をするようになるわけだ。

 価格は,シャーシが699万円から,ブレードが1枚当たり1979万円から。また,IPv6や圧縮,クライアント認証,SSLのコネクション数の上限を増やすためには別途1399万円でライセンスを購入する必要がある。

[発表資料(米国2008年1月23日付)]