PR
リンクシェア・ジャパンの花崎茂晴社長
リンクシェア・ジャパンの花崎茂晴社長
[画像のクリックで拡大表示]
アフィリエイターのブログを集めた「リンクシェア・チャンネル」
アフィリエイターのブログを集めた「リンクシェア・チャンネル」
[画像のクリックで拡大表示]

 アフィリエイトサービスを手掛けるリンクシェア・ジャパンは2008年4月17日、アフィリエイト広告を掲載するブログを集めた「リンクシェア・チャンネル」を開始した。

 自分のブログを掲載したい運営者は、リンクシェア・チャンネル上から記事の掲載を申し込む。リンクシェア・ジャパンでは、申し込みのあったブログが公序良俗に反していないかなどをチェックし、問題がなければ掲載する。アフィリエイト広告もそのまま貼り付けられ、リンクシェア・チャンネルを通じて閲覧者が商品を購入した場合でも、報酬は書き手に対して支払われる。「せっかく良質なレビューを書いていたり、たくさんアフィリエイトを貼り付けていたりしても、これまではブログを見つけてもらえないユーザーが多かった。この状況を改善できる」(リンクシェア・ジャパンの花崎茂晴社長)と言う。

 リンクシェア・チャンネルで扱う記事は「ブランドチャンネル」「モノチャンネル」「テーマチャンネル」の3つ。ブランドチャンネルでは、例えば「日比谷花壇」「富士通」などのカテゴリーを設置し、日比谷花壇や富士通の商品に関して記事を書いているブログなどをそれぞれまとめて閲覧できる。モノチャンネルの場合は「パソコン・周辺機器」「キッチン用品」などのカテゴリーを、テーマチャンネルの場合は「旅行・レジャー」「料理・グルメ」「子育て・教育」などのカテゴリーを設ける。

 リンクシェア・ジャパンの花崎社長は「正直、アフィリエイトはブームが去ったと言われている部分もある。今後は報酬以外にもユーザーがアフィリエイトを利用することで楽しめるサービスを充実させていきたい」と言う。リンクシェア・チャンネルによって、個人ブログサイトの流通額が1年後には1割程度増加することを見込んでいる。