PR

 グーグルは2008年4月18日、Webページのテストツール「ウェブサイト オプティマイザー」を公開した。見出しや画像などをさまざまに入れ替えて表示し、効果的なページ構成を調べることができる。登録すれば無償で利用可能。

 ウェブサイト オプティマイザーでは、デザインをテストしたいページと、商品の購入ページなどユーザーに最終的にたどり着いてほしいページを指定しておく。すると、テストページの見出しや画像をさまざまなパターンに変えて表示する。目的のページにたどり着くユーザーが最も多いページはどのパターンかを調べられる。

 ウェブサイト オプティマイザーは元々、広告プログラム「AdWords」で広告主向けに提供していたツール。今回、一般ユーザー向けにも提供を開始した。