PR

 米国時間2009年4月20日,米Viacomおよび傘下のParamount Picturesと,米Metro-Goldwyn-Mayer Studios(MGM),カナダLionsgateの4社は動画配信の合弁事業を設立したと発表した。有料テレビ・チャンネルおよびVOD(ビデオ・オン・デマンド)のサービスを立ち上げ,新旧の映画作品,テレビドラマ・シリーズを配信する。サービスは2009年秋に開始する予定。

 各社が配給権を持つ映画作品を配信する予定で,Paramountの「ゴッドファーザー」「スター・トレック」,MGMの「007」「ピンクパンサー」「ロッキー」などの人気シリーズをはじめとする過去の名作を独占配信するほか,現在製作中の「ロボコップ」の新作なども用意する予定。

 ParamountとParamount Vantageの作品については2008年1月以降の劇場公開分,MGMとその製作子会社米United Artists Films,およびLionsgateについては2009年1月以降公開の作品を対象にするほか,各社製作のテレビドラマ・シリーズも配信する。

 Paramount Pictures親会社のViacomが,同社のMTV Networks部門を通して新会社の運営をサポートする。

 なお米メディア(CNET News.com)の報道によると,新会社およびサービスの名称は未定。Viacom CEOのPhilippe Dauman氏は「この合弁事業は,業界のビジネスを一変させる可能性を秘めている」と述べている。新旧のデジタル配信技術を組み合わせ,良質な作品を消費者に直接提供する革新的なサービスを目指すとしている。

[発表資料へ]