PR

 米Microsoftは米国時間2008年4月18日,新たな会員制サービス「Albany」(開発コード名)のプライベート・ベータ版を公開した。プロダクティビティ・ツール,個人情報保護ツール,コミュニケーション・ツールをひとつのサービスに集約したと,同社は説明している。

 同サービスは,消費者および学校向けのオフィス・ソフト「Word」「Excel」「PowerPoint」「OneNote」を利用できる「Microsoft Office Home and Student 2007」,ウイルスなどの不正プログラムを遮断する「Windows Live OneCare」のほか,友人や家族とやりとりするための「Windows Live Mail」「同Messenger」「同Photo Gallery」などから成る。

 また,「Office」アプリケーションのツールバーに追加される「Office Live Workspace connector」により,オンラインの専用スペースにドキュメントを保存して,友人やクラスメートと協業または共有することができる。

 Albanyは,サブスクリプション1件あたりパソコン3台まで利用可能。同社Albanyグループ製品マネージャのBryson Gordon氏は,サブスクリプション制にしたことについて,「ユーザーが求めるソフトウエアやサービスをまとめて提供し,常に最新版を維持するためには,サブスクリプション・モデルが理にかなっている」と語った。

 なお同氏は,従来のソフトウエア販売モデルをやめるつもりはないとしている。「ユーザーの選択肢を広げるものであり,Officeの次期版ではない」と述べている。

 ちなみにオンラインでオフィス・スイートを利用可能なサービスとしては,米Googleの「Google Docs」(関連記事:使い出したら止められない,Google Docs & Spreadsheets),米IBMの「Symphony」(関連記事:IBM,オフィス・アプリ・スイート「Lotus Symphony」を無償公開)などがある。

[発表資料へ]