PR

 マイクロソフトは2008年4月22日,Windows XPのService Pack 3(SP3)の開発が完了したと発表した。4月29日(米国時間)から,同社のダウンロード・サイトおよびWindows Updateからダウンロード可能になる。

 SP3には,Windows XP向けのこれまでの修正モジュールのほか,いくつかの新機能が含まれている。新機能の目玉は,Windows Server 2008に追加された,ネットワークアクセス保護(Network Access Protection:NAP)用のクライアント・コンポーネント。

 NAPは一般に“検疫ネットワーク”と呼ばれる機能。Windows Server 2008環境のネットワークに接続しようとするパソコンの健全性をチェックし,ネットワークの利用範囲を制限する。これまでWindows Vista向けのクライアントは提供されていたが,今回のSP3で,Windows XP搭載パソコンでもNAPの利用が可能になる。もっとも個人利用のユーザーには,あまり関係がない新機能である。

 マイクロソフトは,今回のSPを「大きな機能変更ではない」「使用感を大きく変えるものではない」としている。