PR
ソネットエンタテインメント取締役執行役員の会田容弘氏
ソネットエンタテインメント取締役執行役員の会田容弘氏
[画像のクリックで拡大表示]
テレビ番組情報をユーザーが編集できる「テレビwiki」
テレビ番組情報をユーザーが編集できる「テレビwiki」
[画像のクリックで拡大表示]
2008年夏には携帯電話にも対応予定
2008年夏には携帯電話にも対応予定
[画像のクリックで拡大表示]
会見場には世界のナベアツさんが登場した
会見場には世界のナベアツさんが登場した
[画像のクリックで拡大表示]

 ソネットエンタテインメントは2008年4月24日、テレビ番組に関する情報を集約するWebサービス「みんなのテレビ」を開始した。

 テレビ番組表や口コミ、VODなどテレビに関する情報がWeb上にあふれている一方で、それらが一カ所に固まっていないことから、同社はみんなのテレビを着想したという。コンテンツは主に4つ。ブログ形式のトレンド記事「週刊みんテレ」、世界のナベアツさんなどが手掛ける「みんなのコラム」、番組に関する事典「テレビwiki」、師範代からのお題にコメントや動画を投稿できる「みんテレ大喜利」。その中でも「コアとなるのはテレビwiki」(同社ポータルサービス事業部門第1制作部 テレビポータルチーム 水谷祐司マネージャー)だという。テレビwikiでは開始当初から既に200番組の記事を用意。番組に関する記事の編集だけでなく、番組の感想を随時書き込める機能も用意する。テレビwiki上から、ボタン一つで関連ブログや関連動画を検索できたり、番組表を参照できたりする

 2008年夏からは携帯電話への対応も予定する。また、2008年末にはテレビ局のVODサービスとの連携も目指す。同社は対応テレビをLANにつなぐだけでVODなどが楽しめる「アクトビラ」を提供するアクトビラに出資する一社だが「アクトビラとの連携の可能性も検討していきたい」(水谷氏)としている。

 同社取締役執行役員の会田容弘氏は「ネットの登場でテレビは見られなくなっているとも言われているが、エンターテインメントの王道は今でもテレビ。今後もテレビを今まで以上に楽しんでもらうサービスなどを追求していきたい」と述べた。