PR
ファンカバーはきょう体内に収まっており、PCケースに干渉する心配はない
ファンカバーはきょう体内に収まっており、PCケースに干渉する心配はない
[画像のクリックで拡大表示]

 エバーグリーンは2008年5月1日、PC用電源ユニット「パワグリ」シリーズを発売する。同社の従来シリーズ「SILENT KING」は、価格が手ごろな静音電源として自作ユーザーから支持されている。新たに投入するパワグリシリーズは、静音性はそのままに価格を抑えたのが特徴だという。

 今回発売するのは「パワグリ 400W(EG400PG)」「パワグリ 500W(EG500PG)」の2モデル。予想実勢価格は400Wが3980円、500Wが5480円。製品名の数字は定格出力を表し、瞬間最大出力(60秒)は400Wが450W、500Wが550Wとなる。外形寸法は幅150×奥行き140×高さ86mm。

 いずれも12cm角ファンを搭載。負荷に応じて400Wは約600~1400回転/分に、500Wは約600~1800回転/分に回転数を自動で調整する。ATX12V Version 2.2規格に対応。+12V出力は2系統で、EG-400PGは合計290W、EG-500PGは合計340Wまで出力できる。

 コネクターはメイン(20ピン+4ピン)×1、+12V(4ピン+4ピン)×1、ペリフェラル×4、FDD×1。さらに、400WはPCI Express(6ピン)×1、Serial ATA×2を、500WはPCI Express(6ピン)×2、Serial ATA×4を装備する。