PR

 米マイクロソフトは2008年4月29日(米国時間)、Windows XP Service Pack 3(SP3)の公開を延期することを明らかにした。原因は、中小規模の小売店向けのソフトウエア「Dynamics Retail Management System(RMS)」との互換性に問題があることが分かったため。Windows Vista SP1にも、同様の問題が見つかったという。

 同社は、Dynamics RMSが稼働中のシステムに対して、これら2つのService Packを適用しないようにする予定。この作業が完了したら、Windows XP SP3をインターネット上で公開するという。同時に、不具合に関する調査と修正作業を行っている。修正が終わるまでは、Dynamics RMSのユーザーはいずれのService Packもインストールしないように呼びかけている。

 マイクロソフトは2008年4月22日に、Windows XP SP3の開発完了を発表。2008年4月29日(米国時間)に、Webサイト上で公開するとしていた。