PR

 米Adobe Systemsは2008年5月1日(現地時間),自社のFlash技術をオープン化し,パソコンや携帯電話機などの様々な機器でコンテンツやアプリケーションを利用できるようにするための「Open Screen Project」を立ち上げると発表した。Adobeが持つFlashとAIRの技術をベースにランタイムとして提供され,パソコンから携帯電話機,携帯型インターネット端末,STB(セットトップボックス)など機器を選ばずに,同じコンテンツやアプリケーションを利用できるようにする(発表資料)。

 Open Screen Projectを推進するためにAdobeは,(1)Flashのファイル形式であるSWFとFLV/F4Vの仕様の利用制限をなくす,(2)Flash Playerの機器移植レイヤーAPIを公開する,(3)Flash CastプロトコルとAMFプロトコルを公開する,(4)端末向けのFlash PlayerとAIRについて次期バージョンからライセンス料を無料にする──といった支援を行う。

 なお今回のプロジェクトは,米Ciscoや米Intel,米Motorola,米Qualcomm,韓国Samsung Electronics,NTTドコモ,ソニー・エリクソン,東芝といったメーカーのほか,英BBCや米MTV Networks,米NBC Universalといったメディア企業も支持しているという。