PR

 米Hewlett-Packard(HP)は米国時間2008年5月6日,ぺタ(P)バイト・レベルのデータ環境に対応するストレージ・システム「HP StorageWorks 9100 Extreme Data Storage System(ExDS9100)」を発表した。

 ExDS9100は,1台のラックにサーバー,ストレージ,管理機能をまとめたファイル・ベースのNASシステム。記憶容量を数Pバイト・レベルに拡張しながら,単一の管理インタフェースでデータを管理する機能を提供する。

 ExDS9100は,省エネ型のシャーシ「HP BladeSystem」にブレード・サーバーを組み込んで提供される。基本構成は4枚のブレードを搭載したもので246Tバイトの記憶容量を提供。ブレードごとのデータ転送速度は最大200Mバイト/秒となる。1ラック当たり最大16枚のブレードを搭載可能で,820Tバイトの記憶容量と最大3.2Gバイト/秒レベルのデータ転送速度を実現できるという。ラックを追加することで,1.64Pバイトの記憶容量に対応できる。

 このシステムは,HPのファイル・クラスタリング・ソフトウエアを搭載しており,ストレージにアクセスするアプリケーションはブレード・サーバー上で実行される。管理者は単一の管理コンソールを使ってサーバーとストレージを管理できる。

 HP ExDS9100システムは,2008年第4四半期に発売される予定となっている。

発表資料へ