PR
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 リコーは、コンシューマ向けオンラインストレージ/ファイル共有サービス「quanp(クオンプ)」の提供を5月12日15時ごろより開始する。Windows XP SP2以上またはWindows Vistaに対応する。月額料金は記憶容量によって異なり、最大100Gバイトの「Quantum」が980円、最大10Gバイトの「Standard」が300円。最大1Gバイトの「Trial」は無料で利用できる。

 パソコンに保存した写真やビデオ、ワープロ文書、音楽データなど、さまざまなデジタルファイルをオンラインストレージにアップロードして保存するほか、家族や友人と交換できる。共有しているファイルにはコメントも書き込め、ユーザー間のコミュニケーション促進にもつながるという。

 ファイルのアップロードは、クライアントソフトウエア「quanp.on」で行う。quanp.onにドラッグ&ドロップすればアップロードできるほか、特定フォルダ内の更新されたファイルを自動アップロードすることも可能。

 オンラインストレージに保存したファイルは、サムネイル画像付きで表示され、正確なファイル名を覚えていなくても見つけやすい。検索キーワードやタグ情報で目的のファイルを探す機能も備えている。

 同社は今後同サービスの機能を拡充し、単なるオンラインストレージにとどまらず、情報活用のためのプラットフォームとして提供していきたい考え。

■関連情報
・リコーのWebサイト http://www.ricoh.co.jp/