PR

 ケアブレインズは2008年5月13日,IHIが同社の顧客管理システムをSiebelからSugarCRMへ移行したと発表した。IHIでは移行によりコストが50%削減できたとしている。

 SugarCRMは米SugarCRM社が開発した顧客管理ソフトで,Community Editionはオープンソース・ソフトウエアとして無償公開されている。ケアブレインズは代理店としてSugarCRMを販売するとともに,Community Editionを含めた日本語化を行っている。

 SugarCRMに移行したのはIHIの原動機事業部メンテナンス部門。2004年にSiebelを導入し利用していたが,保守費が高いこと,使い勝手が悪いこと,カスタマイズ性が悪いことから移行を検討。Salesforce.comも検討したが,機能面では優れていたものの,コストと,自社で運用できないSaaSとい形態が障害となり」(IHI),SugarCRMを選択したという。

 IHIでは「コストは従来に比べ50%以上削減できた」としており,従来のシステム保守費用内でリプレースが完了したという。現在メンテナンス部門の約30ユーザーでSugarCRMを利用しており,営業部門での利用も検討している。原動機事業部のほか複数の事業部門でSugarCRMの採用を決定したという。

 SugarCRMのカスタマイズおよび運用はIHIの情報システム子会社であるIHIエスキューブが担当。SugarCRMはケアブレインズのパートナーとなっている富士通および富士通ソーシアルサイエンスラボラトリが販売している。