PR
ホンダの四輪事業本部 開発企画室 RAD 開発技術主幹の藤原裕氏
ホンダの四輪事業本部 開発企画室 RAD 開発技術主幹の藤原裕氏
[画像のクリックで拡大表示]
ハニダリちょうどいい診断のトップページ
ハニダリちょうどいい診断のトップページ
[画像のクリックで拡大表示]

 本田技研工業(ホンダ)は2008年5月13日、現代の家族と夫婦の実態調査を目的とした組織「Honda ちょうどいいラボ」を設立し、ネット上で夫婦の価値観を診断するツール「ハニダリちょうどいい診断」の提供を始めたと発表した。ホンダは診断ツールやHonda ちょうどいいラボの調査で取得した情報を新製品の開発に生かしていく。

 ハニダリちょうどいい診断は、「週末は一緒にでかけるか?」「和食と洋食どっちが好きか?」など、30の質問に夫婦がそれぞれ回答することでお互いの価値観の理解度などを測ることができる。
 
 同ツールを提供する狙いについて「このツールを通じて得たデータは新製品の開発に反映させていきたい。また、こういったコンテンツがブログなどで言及され、クチコミが波及することを期待している」(本田技研工業の四輪事業本部 開発企画室 RAD 開発技術主幹の藤原裕氏)と説明した。
 
 今後は5月末に発表予定の新車の販促ツールとしても活用していく予定という。

 Honda ちょうどいいラボはホンダが次期発表モデルの車において、男性が望む走る喜びや見た目の良さ、女性が望む荷物が多く積める、スーパーなどで駐車しやすいなど男女、夫婦にとって「ちょうどいい」車を実現するために、現代の家族と夫婦の実態調査を目的に設立した。研究員はホンダの藤原裕氏、中央大学文学部教授の山田昌弘氏、流通ジャーナリストの金子哲雄氏。

■関連情報
Honda ちょうどいいラボのWebサイト http://www.honda.co.jp/chodo-e/
本田技術工業のWebサイト http://www.honda.co.jp/