PR

 NECは15日、2008年3月期の決算を発表した。連結売上高は4兆6171億5300万円(前期比0.8%減)で、営業利益はモバイルターミナル事業などの黒字化が奏功して1567億6500万円(同124.0%増)と大幅に伸びた。

 事業分野別に見ると、「IT/NW事業」の売上高は2兆8662億円(同3.9%増)で、営業利益は1606億円(同4.3%増)。このうちITサービス/SI分野はほぼ全業種で堅調に推移し、売上高は8325億円(同7.3%増)だった。営業利益の伸びに貢献したのは、主にITサービス/SI分野における売上増とコストダウンの影響だという。

 2009年3月期の業績見通しは、連結売上高が4兆8000億円(同4.0%増)、営業利益が1700億円(同8.4%増)。ITサービス/SI分野の見通しについて小野隆男執行役員常務は、「サブプライム問題の影響で先行きに不透明感があり、IT投資が減速する懸念がある」と説明。サーバー製品の価格競争も影響するものの、SI事業の収益力改善やNGN事業の拡大などで、全体の利益は伸びるとの見方を示した。