PR

 米国の投資家であるCarl Icahn氏は米国時間2008年5月15日,米Yahoo!会長のRoy Bostock氏に対し,米Microsoftとの合併を再検討するよう促す公開書簡を送った。また,Icahn氏の意向に従う役員を選任するため,委任状争奪戦を行うとしている。

 Icahn氏は,Microsoftが示したYahoo!株式1株当たり33ドルという買い取り価格を,当時の株価19.18ドルに72%ものプレミアムを上乗せした破格な提案であったと指摘。株主にこの条件を受け入れさせなかったYahoo!役員会は非良心的だとした。「私も含め多くの株主は,Yahoo!とMicrosoftが合併すれば強力な企業となるだけでなく,インターネット市場で米Googleと競えるだけの力を得ると確信している」(同氏)。

 こうした考えにもとづき,Icahn氏はYahoo!に対する影響力を強める目的で,10日間かけて約5900万株分に相当する株式などを取得した。さらに,同氏を含む10人の役員候補者をYahoo!に提示し,現役員との入れ替えを目指す。

 Yahoo!とMicrosoftの合併を巡るこれまでの経緯は以下の通り。

 Microsoftは2月1日,Yahoo!に買収を持ちかけたことを発表(関連記事:【解説】米Microsoft,迷走の末の「Yahoo!買収」提案Microsoft,Yahoo!に446億ドルで買収提案,2006年からの買収持ちかけを認める)。これに対しYahoo!は,Microsoftの提示額が過小評価であるとし,直ちに提案受け入れを拒否した(関連記事:「著しい過小評価」,Yahoo!がMicrosoftの買収提案を拒否)。

 Microsoftは買収実現に向け役員入れ替えを目的とする委任状争奪戦の意向を示したが,Yahoo!は役員の指名期限を延期する対抗策を打ち出した(関連記事:ついに開戦! MicrosoftがYahoo!株主の委任状獲得に乗り出すYahoo!がMicrosoftの敵対的買収に対抗,取締役の指名期限を延期)。

 さらに,Yahoo!は買収回避のため米NewsやGoogleとの提携も検討した(関連記事:Yahoo!が株主あて書簡で「提携交渉を続ける」と約束,News Corp.との提携も模索Yahoo!,Googleの検索広告AdSenseをテストへ,Microsoftが独占懸念の声明)。

 Yahoo!は買収回避または提示額の引き上げを狙って業績見通しを公開したものの,Microsoftが条件を変更することはなかった(関連記事:Yahoo!が今後3年の業績見通し公開,「Microsoftの提示額は過小評価」をアピールかMicrosoft,「Yahoo!買収の提示額は引き上げない」)。

 一方,MicrosoftもYahoo!の共同買収をNewsと協議するなど打開策を模索した(関連記事:MicrosoftとNews,Yahoo!買収の共同提案を協議Yahoo!の共同買収を協議するも,よそよそしさの漂うMicrosoftとNews)。

 しかし,結局Yahoo!買収を断念し,現在は買収対象をソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の米Facebookに変えたと報じられている(関連記事:【解説】Yahoo!買収を断念したMicrosoftは,Googleのクラウド・コンピューティングに追いつけるのか?Microsoftが方向転換,Facebookに買収を打診)。

 こうした状況でIcahn氏はYahoo!の株式を取得し,Microsoftとの合併交渉を進展させようとしている(関連記事:投資家の参戦で委任状争奪戦に巻き込まれそうなYahoo!)。

[発表資料へ]